太陽光発電

直富商事では、第二工場(長野市大豆島)の屋根に太陽光発電パネル270枚を設置し、地球環境に配慮した負荷の少ないクリーンエネルギーの普及・啓発活動を行い、環境保全に貢献しております。

太陽光発電のメリット

太陽光発電で資源を削減して地球環境へ貢献

太陽光発電が普及すると、石油や石炭などを使用する火力発電の負担を軽減できます。太陽光発電の導入はCO2の削減につながるだけでなく、限られた地球の資源の節約にも貢献できます。

節電に貢献するほか、停電時の非常用電源としても役立ちます

現在、全国各地で原子力発電所の稼働が停止し、電力の供給不足が起きています。それに対して、電力が不足する昼間のピーク時間帯に太陽の光で発電できる太陽光発電システムは、日本の節電に大きく貢献しています。

発電による環境貢献をいろいろな数字に置き換えてみよう!

2017年 4月データ

発電量6,469kWh
石油削減量1,792L計算式:発電量 / 18 × 0.227
二酸化炭素削減量2,034kg-CO2計算式:発電量 × 0.3145
森林面積換算1,792m2/年計算式:二酸化炭素削減量 × 0.881
杉の木換算1,743本計算式:二酸化炭素削減量 / 14kg/年 × 12ヵ月
  • ※杉の木換算の出典は「林野庁HPより」
  • ~過去の発電量はこちら~

    太陽光発電過去データ